Error message

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in _menu_load_objects() (line 579 of /var/www/html/labpe/includes/menu.inc).

ポリネーター

植物が咲かせる美しい花には、チョウやハチなどの昆虫をはじめ、たくさんの動物が惹き寄せられます。こうした動物の多くは、花が提供する蜜や花粉を求めて花から花へ飛びまわる際に花粉を身体につけてはこび、自力で移動できない植物にかわってその交配を助けます。このような動物のことを「ポリネーター(花粉媒介者)」と呼びます。多くの花の美しい色や香りは、他の個体と 交配し種子を残すのに必要なポリネーターを惹きつけるために進化した、と考えられています。

 マルハナバチ類は、温帯に分布するさまざまな顕花植物の花粉をはこぶ、主要なポリネーターの1つです。したがって、マルハナバチがいつ・どの花から、いかにして餌をあつめるかという問題は、植物の花粉がいつ・どこ に・どれだけ運ばれるか、さらにはどこでどれだけ種子が作られるかという問題と密接に関連しています。こうした知見は、花がポリネーターとともにたどってきた「共進化」の道筋を理解する上で、大きな助けとなるはずです。
  
 このような考えにもとづき、当研究室では、植物の送粉過程(ポリネーション)への影響という点からみたときに重要な マルハナバチの行動・生態のパターンを明らかにすることを、研究テーマの1つとしています。現在もっとも注目しているのは、マルハナバチの採餌個体が、空間にちらばる植物の花、株、パッチ、あるいは集団の間をどのように移動するか、という問題です。講師の大橋は、動物にとっての餌あつめの「効率」を高めるにはどのように空間を移動するべきかを理論的に予測し、さらにをそれをマルハナバチを使って検証する、という研究に取り組んでいます。こうした「動物にとっての都合」を理解することができれば、開花数・花や花序の形・株の空間分布・性表現など植物のさまざまな性質を変化させたとき、それに応じて彼らがどんな風に行動を変え、花粉の運命がどのように変わるか、さらには植物が繁殖の「効率」を高めるには、どんな花をいかに咲かせるのがよいのかという「植物にとっての都合」まで予測・検証できるようになる、と考えています。
  

前のページへ戻る

Japanese