エラーメッセージ

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls _menu_load_objects() (/var/www/html/labpe/includes/menu.inc ファイル 579行).

Beetles (2002)

研 究 室 周 辺 の 動 き

 新緑が目に美しい今日この頃ですが、修了生の皆様には御元気で御過ごしでしょうか。そろそろ、またBEETLESの発行の時期になりました。我々の研究室も満を持して世界に誇れるようなホームページを立ち上げることにし、これまでの印刷物のBEETLESも研究室ホームページの中で発行することになりました。修了生の皆様には色々と御意見もあるかと思いますが、忌憚のないところをお聞かせいただき、改善につなげて行きたいと思いますので、宜しくお願いします。

 さてこの一年もまさに色々なことがありました。以下に思い付くままにこの一年間の研究室周辺の様子を公私交じえて並べてみます。昨年の今頃は、藤井は椎間板ヘルニアの手術からやっと退院したところでしたが、幸いその後の経過も良く、この頃は、定期的に通院はしていますがほぼ正常に近い生活をしております。回復したことに目をつけられたか、藤井は心ならずも4月から環境科学研究科長をやらされる破目になりました。環境科学研究科は教官数70余名、学生200名以上という所帯で、しかも教官の人事、入試、カリキュラムまで全てを研究科で行なわなければならず、科長は、学系長と学類長を兼ねているようなもので、一ヶ月程の科長職でもう嫌になり始めているところです。

 一方、昨年のBEETLESでもお知らせしましたが、大学院博士コースの新研究科も発足して丸2年、ようやく形が出来上がってきました。新研究科の新しい建物の建設も始まり、藤井の窓のすぐそば(2学体育館の南の、元の駐車場)にすでに7階建ての建物がそびえ、外壁もほぼ完成しました。今年中には我々の研究室も新棟に移転できそうです。

 この所、研究室は相変わらずの大繁盛で、大番頭の徳永先生には藤井の環境科学研究科長への就任もあって、ずっしりと負担がかかっています。随分と長居した小田君はついに研究生も卒業しました。高野君(旧生物科学研究科のどん尻学生)は博士後期の2年生に進みました。新研究科では1昨年4月入学(1期生)の原田君が修士号を取得し、後期課程に進みました。そして昨年4月に新研究科に入学(2期生)した鈴木、中道、中村、真野の4人はいづれも2年生に駒を進めました。彼らには3月末の試練が待ち構えております。卒論で頑張っていた4年生は、朝倉さんはツバメのお宿覗き、大矢君はハチの磨り潰し、木原君はパソコンゲーム、山岸さんはサギの巣覗きでそれぞれ無事卒論を仕上げ、朝倉さんと木原君は環境科学研究科へ、山岸さんは新研究科へ、そして大矢君は東大の鷲谷先生の研究室へと4人とも卒業研究のテーマを発展すべく勉学に励む大学院生活を始めています。

 昨年の12月からは3年生が6名、我々の研究室にやって来、二人(留年のようなもの)を除いた4人が4年生の卒研生として研究室に滞在しています。池永君、大塚君、川口さん、そして遠山君です。というわけで、我々の研究室の学生は昨年に比べ入り4名、出2名と2名の純増で総勢13名となり、昨年の今頃より更に個体数増加となりました。

 五十鈴は寄る年波には勝てず大学図書館でのボランティアはついにやめましたが、社会教育指導員の方は竹園公民館から吾妻公民館へと移動して続けてやっています。研究室準特別会員で、長崎で優雅な一人暮らしを楽しんでいます理香は、今春修士を修了し、博士課程に進学しました。

 昨年の8月の研究室旅行は大矢君が幹事になって、欲張って2つの温泉(美ヶ原温泉と渋沢温泉)に1泊づつしました。それ以外にも旅の途中などで小諸、そして白骨温泉でも温泉につかるというまさに温泉尽くしの旅でした。北原、加納、彦坂、田中、そして小川の諸先輩が参加してくれました。

 今年はまだ研究室旅行の計画が出来上がっていないようですが、出来次第このHPに掲載されることと思いますので、修了生の方々の出席をお待ちしています。

修 了 生 の 近 況 ( 風 の 便 り ) 

 思いつくままに、修了生の近況を羅列します。昨9月に徳永夫人(旧姓森口さん)が元気な赤ちゃん(タピオちゃん)を連れて藤井の自宅に来てくれました。名前に似合わず日本人らしい顔をしていました。同じ頃、3年ほど前に約9ヶ月我々の研究室に滞在したムニダサさんが、今度は環境科学研究科へ入学すべく再来日しました。彼女は今春から環境科学研究科の学生として、すでに環境研で研究に励んでいます。オーストラリアでワーキングホリデイなるものを楽しんでいた井村君は帰国し、日本での就職を探していましたが、今年になってH.I.S.に就職しました。旅費は安くしてくれないそうですが、その他の便宜は図ってくれるとのことです。機会があったら利用してやってください。11月にはMark Taperがひょっこり来日し、元気な顔を見せてくれました。せっかくなのでゼミもやってもらいました。12月には山田養蜂(岡山県)へ就職した平野君がつくばでの会議に出席のためやって来、藤井と夕食を共にしました。2月に前田君がやってきました。最近近畿大を辞め、自由業(塾講師)に転向したそうです。田中おじさんは、年賀状によりますと長年の日本環境クリエイトを退職したそうです。その後連絡がありませんがどうしているのでしょうか。

 世の中不況で修了生の皆さんにも色々なことがありそうですが、 機会があれば皆さんの近況をお知らせ下さい。

(藤井)

日本語