エラーメッセージ

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls _menu_load_objects() (/var/www/html/labpe/includes/menu.inc ファイル 579行).

Beetles (2001)

研 究 室 周 辺 の 動 き

 いよいよ梅雨の季節、またBEETLESの発行の時期になりました。修了生の皆様には御元気で御過ごしでしょうか。さてこの一年もまさに色々なことがありました。以下に思い付くままにこの一年間の研究室周辺の様子を公私交じえて並べてみます。

 昨年の4月から新研究科「生命環境科学研究科」が発足し、藤井は新専攻「生命共存科学専攻」の初代長としてその立ち上げの運営を担当してきました。生物・農林・地球の寄り合い所帯で出発したゆえに何もルールがなく、まずルール作りからやり始めましたが、何を決めるのにも時間がかかり、すっかり疲れてしまいました。その上、後述の入院やらもあり、1年でお役ご免をお願いして3月末で次の専攻長(地球の安仁屋先生)に責任を押し付けることにしました。唯一つうれしいことに、新研究科の新しい建物の建設が近々始まりそうで(この設計などには徳永君が頑張ってくれています)、完成の暁(来年夏ごろか)には我々の研究室は新棟に移転する予定です。

 さて、藤井は2年程前から兆候があり、鍼などでごまかして仲良く付き合っていた脚痛、腰痛(椎間板ヘルニア)が最悪状態となり、昨2月中旬についに足腰動けなくなり、丸太のような格好で大学病院にかつぎこまれる破目になりました。2ヶ月近くの種々の保存療法も効果なく、ついに5月2日にヘルニア摘出手術をしました。幸いにしてその後の経過は大変良好で5月19日には病院を追い出され、21日からは大学へ出てき、定期的に通院はしていますがほぼ正常に近い生活をしております。入院中は徳永君、研究室の学生、またうわさを聞いた卒業生の皆様に色々と御迷惑や御心配をかけました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。おかげで藤井はいまや腰痛・椎間板ヘルニアの大権威になりましたのでお悩みの方はどうか声を掛けてください。その薀蓄を御披露できると思います。

 この所、研究室は大繁盛です。小田君は今年度も研究生として頑張っています。高野君(旧生物科学研究科のどん尻学生)は博士前期を修了し、後期課程に進みました。新研究科では昨年4月入学(1期生)の原田君が2年生に、そして生物学類4年生だった鈴木、中道、中村、真野の4人はいづれも3月に無事卒業し、この4月から新研究科へ入学し、卒業研究のテーマを発展すべく勉学に励んでいます。昨11月からは生物学類3年生4人が新たに研究室演習の学生として我々の研究室にやって来、彼らは今年の4月からは引き続き我々の研究室で卒業研究をやり始めています。朝倉さんはツバメのお宿覗き、大矢君はハチの磨り潰し、木原君はパソコンゲーム、山岸さんはサギの巣覗きを始めています。環境2年生として預かっていた鷲谷さんの遺児2名は、無事修論を完成して、上杉君(ハダニの個体群)は東大の博士後期へ進学、谷垣君(サギの行動)は高校の先生となって3月にそれぞれ元気に巣立っていきました。

 研究室の大番頭、徳永君がついにAlifeならぬRealLifeで5月26日に適応度を上げました。男の子で、驚くなかれ「森音」(そしてこれをTapioと発音)と命名されました。おめでとうございます。

 五十鈴は相変わらず大学図書館でボランティアをやったり、竹園公民館で社会教育指導員とかをやっています。研究室準特別会員で、長崎で優雅な一人暮らしを楽しんでいます理香は、修士2年となり、色々と悩んでおります。

 一昨年は実現できなかった研究室旅行も昨年は研究室の中道君が中心になって企画をし,長野県木島平へ出かけました。加納(子供づれ)、村尾、井上、彦坂、田中の諸先輩が参加してくれました。また地元の小林君が飛び入りでやってきてくれました。今回は大矢君が世話人となって上高地へ出かけるとかで計画を立てています。修了生の方々の出席をお待ちしています。

修 了 生 の 近 況 ( 風 の 便 り ) 

 昨12月、藤井は特別会員富樫君の招きで広島大学へ集中講義に出かけました。藤井はそのときすでにヘルニアがかなりひどい状態だったのですが、富樫君はピンピンしていました。ところが、富樫君3月に足を骨折し3ヶ月も入院し、退院後もリハビリに努力しているとの事です。早く元気になってほしいものです。土浦の田島屋でハリナシバチの研究開発に従事していた平野君はその能力を買われて山田養蜂(岡山県)へ4月から移られました。新しい職場での活躍を期待しています。

 藤井が入院したおかげで、そのことをうわさに聞いた卒業生が見舞いに来てくれ、久し振りに再会することができました。典型的日本人の筈の奥山君は大阪の大学院で頑張っているそうです。山梨の北原君には第2子(次女、名前は里杏ちゃん)が誕生したそうです。おめでとうございます。加納君も仕事で出張の途中に見舞いに来て、元気な顔を見せてくれました。聞くところによれば、嶋田君は3月に藤井の椎間板ヘルニアのミニ版で苦しんだそうです。それでは皆さんお元気で。

 機会があれば皆さんの近況をお知らせ下さい。

(藤井)

日本語