エラーメッセージ

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls _menu_load_objects() (/var/www/html/labpe/includes/menu.inc ファイル 579行).

Beetles (1996)

研 究 室 周 辺 の 動 き

 またBEETLESの発行の時期になりました。早いものでBEETLESも13号を迎える事になりました。そもそもBEETLES第1号は、(英語・カタカナで操作できるパソコンは、すでに我々の研究室に生物関係では最初に導入していたが)、環境科学研究科に漢字交じりの日本語入力のできるパソコンが入り、それを使って何か印刷物を、というのが始まりでした。それから12年、パソコンの変化はまさに止まるところを知らずという感じです。さてこの一年も藤井にとっては相変わらず忙しい年でした。以下に思い付くままにこの一年間の様子を公私交じえて並べてみます。

 藤井は3月末でやっと生物科学研究科長の職を辞する事ができました。まずは大過なく2年間科長職を務める事ができました。また、今年で3年近くになる日本生態学会英文誌「Ecological Research 」の編集委員長の職も来る8月末には終える事ができそうで、一時は三重苦とも言うべきだった、文部省科研重点研究代表、日本生態学会英文誌編集委員長、生物科学研究科長という雑用の山にもようやく終わりが見えてきたという感じです。(これからはまた研究に精出して学生を大いにいじめてやろうと考えています)。忙しさのために、恒例の南方平定はこの一年はとうとう行けず、その代わりに奥山、古川の両名が石垣島で楽しんできました。1月にはMark Taperがマレイシャからの帰途10日間ほどつくばに滞在しました。また、5月にはSUNYでの旧友Chuck TaylorがA-Life会議への出席のため来日し、3日間つくばに立ち寄りました。

 昨年の BEETLES でお知らせした、藤井編著、徳永他分担の「はじめてのえころじい」が昨年11月に裳華房から出版されました。まだ第2刷とまではいきませんがそれなりに売れているようです。読んでいない方は是非(と宣伝)。

 さて、研究室のこの一年の動向はというと、移出のほうでは、まず準研究員そして助手であった平野君が4月に(株)田島屋(越後屋ではありません)の食品研究所室長として転出しました。4年生だった村田さんは大学院進学の予定を急遽変更し、3月に卒業し現在職探し中です。移入のほうは、まず3年生3学期から藤井研でうろうろしていた井村君、宮園君の2名が4月から正式に卒研生として入ってきました。さらに研究生として、藤井研創世期の修了生である北原君、そして新潟大からの孤児柳君が入ってきました。環境科学研究科の新入生である松田、望月の2名も藤井研所属となりました。ということで差し引き4名の増加となり、研究室はパンク状態です。

 今年の連休には、今や恒例となった感のあるギフチョウ採集旅行に研究室一同で東北地方に出かけました。お目当ての品はそれなりに採集できましたが、後半あまりチョウが採れなくなり、いつの間にやら皆でその辺の水辺を掬うことになり、ゲンゴロウやコオイムシなど水棲昆虫を沢山採集しました。中でもコオイムシは研究室へ持ってかえってからは卵を背負うは背負うはで、今では研究室の一番の人気者になっています。

 研究室のはりきりボーイ徳永助手は前号で予告したように、昨年9月からギャングの町シカゴにMichel Wadeを慕って留学しました。予定ではこのBEETLES が皆様の手元に届く頃にはmachine gunにも撃たれずに帰国している筈です。藤井は、この大所帯の藤井研の大番頭として働いてもらうために彼の早の帰国を首を長くして待っている所です。

 五十鈴はもう後数ヶ月と言いながら「Ecological Research」の編集事務局の切り盛りをやってくれています。研究室準特別会員理香は今春並木高校を卒業し、まさに奇跡、長崎大学・水産学部に無事入学し、家を離れていきました。

 昨年の研究室旅行はオームゆかりの地の近くで持ち、多数の出席者で楽しく過ごすことができ、主催者に感謝しています。今年は松林君が幹事となって、美ヶ原近辺(その昔あの辺へ行った事がありましたね)で集まる事になっています。多数の出席を期待しています。

修 了 生 の 近 況 ( 風 の 便 り ) 

 一昨年卒業した松山君は今春日本医大に合格したそうです。早く医者になってブラジルへ行ってくれると我々もブラジルへ蝶取りに出かけやすくなるのですが。初期の卒業生で長い間名簿では行方不明になっていた秋坂君はどうやら琉球大・医学部で助手をしているらしいということが判明しました。八ヶ岳演習林にいた門脇君は静岡市(といっても駅からバスで数時間という)井川演習林へ助手として転勤しました。田中おじさんは昨年度に博士号を取得しましたが、今も環境研の主として闊歩しているそうです。ビルマのRoseさんは現体制に嫌気が差し、この3月で大学の先生を辞めたそうで、現在新天地を探しているようです。

 皆さんにはなにかの機会に近況をお知らせ下さい。

(藤井)

日本語