エラーメッセージ

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls _menu_load_objects() (/var/www/html/labpe/includes/menu.inc ファイル 579行).

Beetles (1995)

研 究 室 周 辺 の 動 き

 またBEETLESの発行の時期になりました。藤井にとっては相変わらず日々忙しい一年で、皆様にこの一年にあったことをお知らせしようとすると、日誌をめくりながら自分自身そういえばこういうこともあったなとたった一年まえのことも遥か昔に感じてしまいます。以下に思い付くままにこの一年間の様子を公私交じえて並べてみます。

 BEETLES前号でお知らせしたように、藤井は昨年4月から生物科学研究科長を押し付けられ、今やもう後1年と頑張っています。昨年科長になった直後に研究科を含めた生物系の外部評価を今年2月に実施することを決めたため、それからというものは過去20年近い研究科の書類をほじくり出して、入学者数、修了者数、学位授与の人数、修了生の現職、その他諸々の情報を集め、外部評価用の資料作りに追われる羽目になってしまいました。幸い2月の外部評価は無事終わり、今は評価委員の方々から6月末に出る予定の最終報告書を、まるで判決を待つ被告のような気持ちで待っているところです。

 一昨年9月から引き受けた日本生態学会英文誌「Ecological Research」の編集委員長(3年間)も半ばを過ぎ、これも後一年余と、先が見えてきた感じがします。

 去年の BEETLES では三重苦の一つであった、藤井が代表者をしていた4年続きの文部省科研重点研究「地球共生系」もこの3月に最終報告書をでっち上げてやっと終了しました。これで忙しさが一つ少なくなったということになります。

 この忙しさの中、11月にはまたまた恒例の南方平定のために沖縄本島に、藤井、光永、松林の3人で出かけ、一昨年には珍品であったツマベニチョウなどもたっぷりと採集しました。勿論遠征の主目的であったアズキゾウムシも採れました。

 5月にはマメゾウの共同研究者 Mitchell さんが Hazen さんと一緒につくばへやって来、おかげで学生さん達はその接待にお疲れ様のようでした。

 昨年の BEETLES でお知らせした「シャーレを覗けば地球が見える」という本は12月に平凡社から出版されました。是非買って下さい(と宣伝)。現在は藤井が編者になって徳永君等と一緒に「はじめてのえころじい」という本を作っているところです。もう原稿はほぼ出来上がり、裳華房から9月出版の予定です。乞う御期待(とこれも宣伝)。

 さて、研究室の動向はというと、まず準研究員であった西村君が10月に北大水産学部の助教授として転出しました。研究生として居残っていた松林君はついに3月に就職をしました。4年生3人のうち尾崎君は数学研究科へと進学しましたが、奥山君、古川君は環境科学研究科へと進学し、そのまま藤井研に滞留です。新たなメンバーとしては、3年生3学期から藤井研でうろうろしていた村田さんがそのまま居着いてマメゾウを使った卒研を始めました。生物科学研究科へ3年次編入をした小田君は藤井研に所属しながら環境研で仕事をしています。という訳で今年も人数的には差し引きあまり変わりありません。

 研究室のこの一年のビッグニュースは何といっても徳永君と森口さんの結婚でしょう。5月には大勢が集まった記念ワイルドパーティーが筑波山の麓であり、研究室のメンバーはお手伝いに大忙しでした。これはまだ予定ですが、徳永君は9月からシカゴ大学へ留学することになっています。となると残された学生達の面倒を見るのは一体誰になるのでしょう。

 五十鈴はもう後一年ちょっとと言いながら「Ecological Research」の編集事務局の切り盛りをやってくれています。理香は高校3年生いわゆる受験生ですが、はたしてその気があるのか疑わしい日々を送っています。

 昨年の研究室旅行は山梨県小淵沢を拠点として八ヶ岳の麓で持ち、多数の出席者で楽しく過ごすことができ、主催者に感謝しています。今年は今や観光地化したオームゆかりの地の近くだそうです。多数の出席を期待しています。

修 了 生 の 近 況 ( 風 の 便 り ) 

 昨年卒業した松山君からは今春朗報はなく更にもう一年頑張るとか。蝶の北原君は4月から高校の先生を辞任して山梨県環境研究所設立準備室員となり、再来年の開設に向け胸をふくらましています。5月下旬に行われた徳永君の結婚記念ワイルドパーティーには、まるで研究室の同窓会のように多くのOB(子供連れの嶋田君、北原君夫妻、犬連れの彦坂君、安斎君、自転車でこなかった村尾君、バイクで来た井上君、前夜から力を奉仕した松山君)が参加し、互いに近況を語り合いながら楽しい時を過ごすことができました。

 何年か前に藤井研に短期滞在したギァリーに赤ちゃんが生れました。彼は今IRRIの職員となってカンポチアに滞在しているそうです。

 皆さんにはなにかの機会に近況をお知らせ下さい。

(藤井)

日本語