エラーメッセージ

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls _menu_load_objects() (/var/www/html/labpe/includes/menu.inc ファイル 579行).

Beetles (1991)

研 究 室 周 辺 の 動 き

 “BEETLES”も号を重ね第8号となりました。異常気象かとも思われる奇妙な天気の続く毎日ですが、藤井研関係者の皆様にはお変わりなくお元気で御活躍でしょうか。

 年々歳々人同じからずと言いますが、この1年間は藤井研では人の出入りはほとんど無いという珍しい事態が起こりました。この3月には二人が修了しました。まず徳永君が無事博士号を取得しました。但し本人はそのまま研究生で居候をしており、人員削減にはなっていません。但し、9月からはシカゴ大学 Dr. Wade の研究室にPostDoc として留学することになっています。もう一人、田中おじさんが環境修士を修了しました。その後は鳥取大学の連合大学院に進学しました。とは言っても本拠地は相変わらず環境研(旧公害研)で、つくばの町を徘徊しているのがよく見られるそうです。4月から新たに研究室に入ってきた学生さんはなしという前代未聞のことが起こり、差引き一人減となりました。もっとも7月から2ヶ月間の予定で Pre-doc の学生が一人、ハワイからやってくることになっています。

 さて、藤井の方のこの1年間を振り返って見ますと、まず昨年8月には INTECOL (International Congress of Ecology) の大会が横浜で開催され、参加しました。藤井は一昨年の国際マメゾウシンポの方に全力を投入することに決心しましたので、今回のINTECOL からはできるだけ手を引いていたのですが、土壇場になって開会式の司会を押し付けられ、冷や汗をかきながら御役を努めました。開会式の評判が良かったことがせめてものなぐさめです。INTECOL には藤井研のメンバーは全員出席し、またOBも何人か出席していました。また藤井にとっては昔の友人などにもたくさん会え、楽しい国際大会でした。

 この4月から文部省科研重点領域研究「地球共生系」が4年間の予定で始まり、藤井はその研究代表者として毎日雑用に振り回されています。その間をぬって6月初旬には、世界中で絶滅の危機に瀕している筈の beetles (かぶとむし) の完品が路上にうようよといるメキシコに1週間出かけてきました。MexicoCity から車で約1時間半の所にある Cuernavaca という所での、米国生態学会が中心となって SustainableBiosphere Initiative (維持可能な生物圏構想) を世界規模でやろうという試みの準備のための国際会議でした。来年6月ブラジルの Rio で開かれる UNCED ( United Nations Conference on Environment and Development) に向けて、世界の生態学者の意見を反映させようというのも、目的の一つでした。連日連夜ホテルに缶詰で、最後の一日だけを Mexico City の国立民族博物館の見学に費したという厳しい出張でした。しかし心配していた下痢もせず、ひったくりにも会わず、無事帰ってきました。その頃、時を同じくして準研の西村君はアメリカへ学会出席のために出かけ、十分楽しんできたようです。

 五十鈴は相変わらず環境研で生態学会の編集局の仕事をしています。(尚、生態学会関係の雑誌は近い将来英国の Blackwell がその一切を請け負うことになるそうで、そうなると五十鈴は御役御免になります)。理香は4月から中学2年生、卒業生の皆様には赤ん坊や幼稚園の頃の理香のイメージを今もお持ちかと思いますが、すでに反抗期に入ったのか、とかく扱いにくい年頃になってきました。

 さて、昨年の同窓会は村尾君の計画で蓼科で開催し、多くの方の参加があり、あちこちを見たり、蝶採集をしたりして、盛会でした。今年は新修了生の田中君が計画を立ててくれ、すでに皆さんにはお知らせしたように、飛騨高山に集まることになっています。詳細は別ページを見ていただくことにして、多数の方々の参加を待っています。(藤井)

修 了 生 の 近 況 ( 風 の 便 り ) 

 昨9月に池君が、そして11月には彦坂君が相次いで結婚しました。どちらの結婚式にも藤井は出席させていただきましたが、両カップル共本当に幸せそうでした。加納君夫妻には第3、第4の御子さんが同時に誕生しました。高橋(大海)さんはこの4月からつくば近辺の私立高校で非常勤の先生を始めたそうです。

 インドネシアに出かけている特別会員平野君は昨夏の INTECOL に、そしてつい最近6月にも一時帰国し、先日はつくばにも元気な顔を見せてくれ、ゼミもやってくれました。もう一人の特別会員富樫君は6月から広島大学に奉職することになったそうです。Larry Slobodkin には西村君が Stony Brook で会い、Tammy 共々元気だったそうです。

 皆様からの近況お知らせを待っています。

(藤井)

日本語