エラーメッセージ

Deprecated function: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls _menu_load_objects() (/var/www/html/labpe/includes/menu.inc ファイル 579行).

Beetles (1985)

研 究 室 周 辺 の 動 き

 BEETLESの第2号を発行する事になりました。第1号の発行以来、藤井研にもいろいろの変化がありました。まず人の異動についてお知らせしましょう。藤井研創立以来の古狸嶋田君は今春博士課程を無事修了し、それと同時に東京大学教養学部の助手に就職する事が出来ました。”返品御断り”の条件で発送しましたので舞い戻って来る事はない筈です。一年間研究生としてのんびり暮らしていた池君も3月から会社に勤める事になり、遅刻もせずにがんばっているようです。この二人が藤井研からの移出組です。この3月にMCを修了した前田君は池君にかわって研究生となり、もう一年研究に精出す(?)ことになりました。従って、滞留組が一人となります。MC2の牧野君は病気のため暫く休学する事になりました。

 新しく藤井研に入ってきた学生さん達(移入組)はうしろの名簿にもあるようにマスタ-コ-スに二人、卒研生に二人、そして今は日本語の勉強に忙しいビルマからの留学生が一人、計五人と今迄になく多く、研究室がパンクしそうです。ゼミにはこれらの学生さんのほかに、林試の平川さん、農林DCの西村君、さらに他の研究室からの学生さん等も加わって、ゼミ室の椅子が足りなくなってしまいました。このような大所帯に加えて環境の鬼研究科長から廊下の書庫等の撤去を指示され、(不思議な事にすべての物が廊下から消えました)これぞまさに密度効果の実験と喜んでいます。

 藤井は例によって忙しく、この一年の間に京都(X回)、東京(X回)、名古屋(2回)、那覇、佐賀(これには前田君も一緒でした)、広島等へでかけました。又、名古屋大学、京都大学で集中講義をやってきました。今秋には東北大学で集中講義をやる予定です。今は来春から始まる放送大学の”生態学概論”(岩城先生と一緒)の教科書の作成に追われています。秋になると録音(テレビではなく、FMラジオのほうです)が始まる事になっています。それまでに教科書が完成するでしょうか。(教科書の締切は四月末ということでした。) これが終わると9月締切の、朝倉書店から出版予定の”生物統計学”(共著)の多変量統計学の部分の原稿書きが待っています。

 この四月から日本生態学会の新しい英文誌”Ecological Research”(来年四月に創刊号を発行)の編集局が正式に筑波大学に設置され(事実上は昨年より既に存在)、五十鈴が編集局のお手伝いをする事になりました。藤井は編集委員の一人として投稿原稿の校閲等に追われています。

 昨年八月には加納君がアレンジをして修善寺温泉にて同窓会を開きましたが、多くの方の参加をいただき大変盛況でした。今年は中島君がアレンジをして、8月に埼玉県の長瀞で同窓会を開く事になりました。(詳しくは後ろの案内を御覧下さい。)参加を希望されるかたは期日までに出席予定の通知を送ってください。 テニスの理論家嶋田君がいなくなって、毎日曜日のテニスは藤井夫妻だけでやるという寂しい状態になってしまいました。早く相手をしてくれる学生さんが欲しいところです。

 今、筑波は科学万博の真最中、皆様にも機会がありましたら見学においで下さい。

修 了 生 の 近 況 ( 風 の 便 り ) 

 最近、加納、富樫、中島、池君等が筑波を訪問してくれました。卒業生の皆様にはそれ程かわったこともなく、お元気でおすごしの様子ですが、特にかわった事といえば、今秋11月10日に、加納君が東京で結婚式を挙げる事になった事でしょう。藤井夫妻が媒酌人を勤める事になりました。3月3日に加納君と未来の奥さんが御一緒に藤井宅へ挨拶に来てくれました。石川県林試の富樫君には10月からアメリカのイリノイ州イリノイ大学に隣接する、州の試験場へ一年間留学する事が決まったそうです。卒業生の皆様でもし何かかわった事でもありましたらお知らせ下さい。次号のBEETLESに掲載しましょう。

編 集 後 記

 BEETLESの2号を皆様の御手元に届ける事が出来ました。今年はマイコン・マニアの牧野君が休学してしまい、全文を藤井が入力する事になってしまいました。ああ--疲れた、疲れた。

(藤井)

日本語